『リビング』

 

 

ハウススタジオのメインともいえるシーンのリビングをご紹介致します。

 

まずは、世田谷のハドソン2Fスタジオのリビングです。

こちらは、白を基調とした自然光が差し込む明るい部屋となっており、

ソファや植物と相性の良いシチュエーションとなっています。

ファッション撮影、ミュージックビデオ、広告、対談など

幅広い撮影でご利用頂いています。

次に、同じハドソンスタジオですが、

2Fスタジオとテイストが正反対のハドソン1Fスタジオのリビングです。

こちらは、大型のブックシェルフが目を見張るスペースとなっています。

書斎を背景にしたリビングシーンは、落ち着いた大人の雰囲気を醸し出すことが

出来るかと思います。

次に、目黒のボストンスタジオのリビングをご紹介します。

ボストンスタジオはコンパクトなスタジオながらも多くのシチュエーションを

持った一軒家ハウススタジオになっています。

2Fがメインのスタジオになり、南側はほぼ全面窓ガラスとなっています。

晴天時には眩しいくらいの自然光が差し込みます。

ファッション撮影やビューティ撮影、商品撮影などでもよくご利用頂いています。

次にご紹介するのは、田園調布のマーブルヒルスタジオのリビングです。

マーブルヒルスタジオは洋館ハウススタジオになり、

小高い丘に建つ洋館として都内で唯一無二の存在です。

リビングは淡いベージュの壁で統一された空間となっており、

白い窓とも相性が良いシチュエーションです。

ファッション撮影やドレスなどのカタログ撮影、ウェディング関連の撮影でも

よくご利用頂いています。

次は、スタジオトーキョーのマネジメントスペースの

M-residence(浅草)のリビングをご紹介します。

M-レジデンスはオーナーの方のご自宅を撮影スペースとして

ご案内させて頂いています。

スペースはそこまで広くはないですが、

古材を使用したフローリングやセンスの良い家具など、

統一感がありファッション撮影などでよくご利用頂いています。

実際の「家」を利用しているので、よりリアリティがある撮影に向いています。

家具のカタログ撮影やグラビアの撮影でもよくご利用頂いています。

Scene List

Please reload

Copyright © 2008 - 2019 STUDIO TOKYO. All rights reserved